ノンスタ井上、「ワイドナショー」でテレビ復帰も“泣き会見”に総突っ込み

お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介(37)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で“テレビ復帰”をした。

井上は、昨年12月に乗用車を運転中、タクシーに衝突し逃走したとされる事故を起こし、謹慎。道交法違反と自動車運転処罰法違反の疑いで2月に書類送検されていたが、3月6日に不起訴処分。7日夜に都内で謝罪会見を行い、30日にライブで復帰していた。

井上が号泣した謝罪会見の際には「うそ泣きかと思った」と話していた松本は、久々の対面に「ここは泣かへんのか。泣き待ちだぞ」と突っ込み。井上は「1時間くらいの会見での質問のなかに、相方の話を振られると、謹慎の間、頑張ってくれていたことや、いろいろなことを思い出して感極まって…」と号泣会見について弁明したが、ヒロミ(52)は「謝るときはしっかり謝ったほうがいい。我慢しなくちゃ。(井上は)泣き8、謝り2ぐらいだったからね」と手厳しかった。

千秋(45)も「何で泣いてるのって、テレビに(向かって)言っていた。泣けてラッキーと思ったでしょ」と一斉に突っ込みが入った。

かつて泥酔してタクシー運転手に暴行したことで謝罪会見した前園真聖(43)は「僕も泣きたい気持ちだったけれど、ぐっとこらえた。周りの人の方が泣きたい気持ちだったと思う」と話すと、松本は「同じ運転手だったっけ」のボケ。前園は「違います」と過去の騒動を蒸し返され苦笑いを浮かべた。

復帰舞台での漫才について松本は「ネタ面白かったわ。上手やわ。まだまだ漫才見たいなと思うな」と絶賛。相方の石田明(37)は「昨年くらい、井上の漫才の熱がさめていて、今年は2人でライブせえへんなと思っていたけれど…。今回のせいで…」とコンビ間の方向性の確執があったことと、今回の件で軌道修正した舞台裏を明かした。

松本の井上への攻撃は止まらず。「篠原ともえちゃんを紹介してくれって言ってたじゃないか。(昨年の)10月くらい」と井上から依頼を受けていたことを暴露。「当て逃げのあとに、やり逃げは許さんぞ」とまたも突っ込みを入れた。

今後の活動について、井上が「許していただけるのであれば…」と話すと松本は「絶対許さへんからな。運転手さんかわいそうやわ」と愛のある突っ込みをしていた。

★Twitter:https://twitter.com/wakuwakudouga
★YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCjPyp8aUP0Q-v8W_coogm1g

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000051-sph-ent

 

 

Be the first to comment

コメントを残す