細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 まとめ

正式名称は「博士と助手 ~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」。2004年4月の第1回から、現在までに20回を数える人気コーナーである。2009年10月1日に放映された第15回は「ファイナル」と銘打たれ、すわ最終回かと思われたがコーナー冒頭にて「新聞のラテ欄にファイナルって書きたかっただけ」「スタッフ曰く『また来年もやる』」との説明があり、約1年後の2010年9月23日に第16回放映の運びとなった。またこの第16回にて15回分を纏めた6枚組DVDの発売が発表された。

全国1000人以上の中からオーディションで十数人が選ばれ、博士(木梨憲武)、助手(石橋貴明)、大博士(関根勤)、細かすぎても伝わるものまねロボ1号・有田くん(有田哲平)らが審査する。プロ・アマを問わず参加でき、実際に一般参加者が優勝したこともある(第9回の牧田知丈)。歴代優勝者および各回の詳細はWikipedia参照。

ネタもマニアックなら登場する芸人もマニアック(というか知名度が低い)なことが多く、このコーナーで一気に全国的に知名度を上げた芸人もいる。次長課長・河本準一や博多華丸、山本高広などがその例に当たる。

引用元:http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B4%B0%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%A6%E4%BC%9D%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%8D%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9

■細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 第01回

■細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 第02回

■細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 第03回

■細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 第04回

■細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 第05回

Be the first to comment

コメントを残す